<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
雨ですねー。
梅雨らしい毎日ですが。
実家、釧路市の霧にまみれ、霧と小雨の間の「じり」と呼ばれる微妙な水の粒子が漂う感じのじめっと感よりは快適な私です。
今はそんなに霧もひどくないみたいですが。
高校生の頃は、すごかった。
通学帰りに橋の上を自転車で走ると、前も見えないし、なにより前髪から水が滴っていて。
将来、禿げたらこれのせいだわと思って毎日走っていました。
当時、酸性雨で雨で禿げると叫ばれていたから。
最近聞かないけど、どうなったんだろう、酸性雨。

ただ、なんでしょうね。

生まれて20年もしっとりとした釧路市にいたせいか、梅雨になると体がほっとするんですよねぇ。
網走にいた時に、「釧路出身だから霧がないと落ち着かないんだ」といっていたおじさまに。
うそでしょ、と思ったことを謝りたい今日この頃。
20代では共感できなくてごめんね・・・!

今、わりかし快適です。

さて。
雨もたっぷり降ってくれて、稲も育ってきたでしょうか。
今年も、田んぼアート見学会場である鏡石図書館4階に。
陽だまりのチラシを置かせていただきました!
IMG_3030_convert_20160709054057.jpg
今年も私作です。
わりかし満足、かな。
色々、やりたいことを詰め込みました。
フォントとかPCに入れたら、すごく作るのが楽しかった・・・!

初版はうっかりミスでお値段の訂正をしていますが。
今年は、オーナー父の一眼レフを拝借して作ってみました。
レフ、いいなー。
ほしいなー。
ガンバッテお金貯めて、購入したいものです。
マイレフが欲しいー。

陽だまりのお店にも、田んぼアート会場にも置いてありますので。
買わなくても、行かなくても、チラシだけでも見て持っていっていただけたら嬉しいです。


それにしても。
あっという間の7月。
娘ちゃんもあという間におしゃべりするようになりまして。
スーパーでも寝転んで自己主張するお年ごろ。
なんでしょうね。
お兄ちゃんの時は、すぐに抱き上げてあやしたんですが。
娘ちゃん、あやしてもダメなのと、母さんなんだか疲れちゃって。
泣き止むまで母に見守られ、自分でしくしく起き上がって抱っこを要求する娘ちゃん。
こうして、2人目以降は強くなるのかぁと思いつつ、抱っこしています。
そして、「なんかへんなむし、いた!」
と、言った瞬間に踏みつぶす娘が好きです。
そして、靴についてしまい。
「むし、いなくなった!!」
と、本気で驚く娘が好きです。

性格のベースがお兄ちゃんは私。
娘ちゃんはオーナー。
そこに、プラスアルファでいろいろくっついてる二人。

誰に似たの・・・?
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

kana

Author:kana
オーナーの地元・福島県鏡石町の片隅にH22年1月21日にオープンした、パン工房 陽だまりです。
パン作りが大好きで東京と北海道に修行にいっていたオーナー自慢の酵母から手作りのパンや焼き菓子達を紹介していきます♪

当店は天然酵母から手作りしています。
いちごや柿、リンゴなど季節の果物を使って時間をかけてゆっくりと、添加物などで発酵を早めることなく自然に身を任せて酵母を作り、パンのご機嫌を伺いながら発酵させていきます。
どの商品も、やさしい味わいを心がけて添加物に頼らず、具材も手作りしています。
生きたたくさんの酵母菌のおかげで、パンの風味と旨みが存分に味わえます。

そんな酵母菌たちと共にオーナーシェフとオーナー母、オーナー妻、と息子(小学生)と娘(幼稚園生)の1+2+0.5+0.5=4人でがんばる、ちんまりとしたパン屋です。
オーナーが一人で自家製天然酵母と向き合いながら焼いているので、大手さんのように沢山のパンはありませんが、心をたっぷりこめて焼いています。
そんな陽だまりをどうぞよろしくお願いします。

ちなみに。
ブログは主にオーナー夫人のkanaが更新しております。


パン工房 陽だまり
〒969-0404 福島県岩瀬郡鏡石町中町173-6
TEL・FAX 0248-94-8361
メールでのお問い合わせは、現在はメールチェックができないためお受けしておりません。
お電話かFAXまたは店頭でお声をかけていただければと思います。
地方発送は、ただ今、お電話かFAXでのみ承っております。お店を充実させたいのでHP上での注文は予定しておりません。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
QRコード
QR